【画像】インドのぐう聖ゲイ王子、宮殿をLGBTのために支援施設に改造してしまう…

インドで最も有名なゲイ、マンベンドラ・シン王子(52)がレズビアン、ゲイ、トランスジェンダーといったセクシャリティを理由に迫害されるLGBTQ(性的少数者)の人々をグジャラート州西部のラジピプラにある自身の宮殿に受け入れる活動を進めている。 LGBTQに風当たりの強いインドでは、自身の性について自由に語ることのできる環境が整っているとは言えない。マンベンドラも例外でなく、10代の頃に男性に恋愛感情を抱いたことを周りに打ち明けることなく大人になり、周囲のプレッシャーから女性と結婚した過去も。もちろん夫婦生活は上手くいくわけもなく、わずか15カ月で終焉を迎えた。 ■カミングアウトで一変した運命 2…

Source: 凸凹ちゃんねる

関連まとめ

ライフハックの関連記事

  • 脳外科医が教える「子供の交通事故を防ぐために心がけたほうが良いこと」

    脳外科医が教える「子供の交通事故を防ぐために心がけたほうが良いこと」

  • アスペ「ありがとうございます!」先輩俺「じゃあ、講習料千円な」

    アスペ「ありがとうございます!」先輩俺「じゃあ、講習料千円な」

  • 「1日=24時間」←これ完全に”健常者用”のデザインだよな

    「1日=24時間」←これ完全に”健常者用”のデザインだよな

  • 発達障害に多いと思う身体的特徴で打線組んだ

  • なんJ 反出生主義について考える部

メールアドレスが公開されることはありません。