アメリカで著名人の自殺が多発…欧米全体でうつ病への関心が高まる

欧米では今月に入り著名人が相次いで自殺し、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズが特集を組むなど うつ病に関する関心が高まっていて、一般の人たちの間でも議論する動きが広がっています。 アメリカでは今月5日、ファッションデザイナー、ケイト・スペードさん(55)が長年うつ病を患った末に自殺し、8日には著名シェフ、アンソニー・ボーデインさん(61)が滞在先のフランスのホテルで死亡し、自殺したと見られています。 こうした中、欧米ではうつ病に関する関心が高まっていて、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは7日、高齢者がうつ病を患うと若者より長引く傾向があるとする研究結果を掲載しました。 また、一般の人…

Source: 凸凹ちゃんねる

関連まとめ

ライフハックの関連記事

  • 【悲報】息子はダウン症母「子どもは誰もが天使。素晴らしいギフト」→ヤフコメ民「」

    【悲報】息子はダウン症母「子どもは誰もが天使。素晴らしいギフト」→ヤフコメ民「」

  • 職場で1人は必ず居るこのタイプwwwww

    職場で1人は必ず居るこのタイプwwwww

  • 【悲報】ワイ、常識を知らなすぎる…

    【悲報】ワイ、常識を知らなすぎる…

  • お前ら廃液の処理はどうしてますか? @ [化学板]

    お前ら廃液の処理はどうしてますか? @ [化学板]

  • 【障害者雇用水増し】中央省庁さん「ルールを理解していなかった…故意でやった訳ではない」

    【障害者雇用水増し】中央省庁さん「ルールを理解していなかった…故意でやった訳ではない」

メールアドレスが公開されることはありません。