アメリカで著名人の自殺が多発…欧米全体でうつ病への関心が高まる

欧米では今月に入り著名人が相次いで自殺し、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズが特集を組むなど うつ病に関する関心が高まっていて、一般の人たちの間でも議論する動きが広がっています。 アメリカでは今月5日、ファッションデザイナー、ケイト・スペードさん(55)が長年うつ病を患った末に自殺し、8日には著名シェフ、アンソニー・ボーデインさん(61)が滞在先のフランスのホテルで死亡し、自殺したと見られています。 こうした中、欧米ではうつ病に関する関心が高まっていて、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは7日、高齢者がうつ病を患うと若者より長引く傾向があるとする研究結果を掲載しました。 また、一般の人…

Source: 凸凹ちゃんねる

関連まとめ

ライフハックの関連記事

  • 【議論】毒親における『親だって完全じゃない』問題、論争を巻き起こす「子どもだってカウンセラーじゃない」

    【議論】毒親における『親だって完全じゃない』問題、論争を巻き起こす「子どもだってカウンセラーじゃない」

  • 【画像】メンタルを病んだ作家さん、意外すぎる方法で鬱状態から回復

    【画像】メンタルを病んだ作家さん、意外すぎる方法で鬱状態から回復

  • 【悲報】日本、小中高生いじめ最多・中高生の自殺数平成最多・不登校児数最多を記録

  • 三角関数っていつ使うんだよ @ [数学板]

    三角関数っていつ使うんだよ @ [数学板]

  • 【悲報】厚労省、頭が良くなる薬「スマートドラッグ」の個人輸入を禁止へ

    【悲報】厚労省、頭が良くなる薬「スマートドラッグ」の個人輸入を禁止へ

メールアドレスが公開されることはありません。